So-net無料ブログ作成
観光スポット ブログトップ

日本のがっかり観光スポット [観光スポット]

私は、銀座ぐらしをしていますが、最近は目立って外国人が多くなっているように感じます。
先日いつも行っている銭湯では、3人の欧州の方と思われる人と一緒になりました。
帰りに番台のおかみさんに「外国人の人が来ているけど定期的に来られているんですか」と聞いた所、初めての人だと思いますとの返事でした。
日本の文化に興味を持って観光にくる方が多いようなので、銭湯を経験したいということでこられたのかもしれません。
外国の方に人気の日本の観光スポットは色々あるようですが、期待外れの経験も少なからずあるようです。先日、ネットで検索していた時に「外国人観光客が行って後悔した日本の観光地ランキング」というのを見つけました。
それによると、第一位が六本木で、あまりにも多くの外国人が訪れるために日本らしさを感じないというのが
がっかりの理由であるのではと分析されていました。
私は若いころは六本木に住んでいましたので、1年位前に六本木に行ったときにその変わり様にびっくりしました。
住んでいたころは朝自宅の前にウグイスが飛んできてさえずっていましたし、六本木の町自体が少し裏道に入ると昔の面影が残る落ち着いた町でした。
それが1年前に行ったときの特に表通りは、体の大きな外人さんがずらりと道端に並び、客引きのようなことをしていました。 まったく落ち着かないざわざわとした感じの町になっていました。

第2位が東京ディズニーランドで、がっかりの理由はすべてのアトラクションやポップコーンの購入さえも長時間並び続けることにがまんがならないということのようでした。 日本オリジナルであるディズニーシーは大人用に設計されているアトラクションが多く、これへの評価は上々であったとしています。
私はディズニーシーは言ったことがありませんが、東京ディズニーランドにはいきましたのでその時の体験からごもっともとであると思います。
日本人である私ですら、一日中並んで数か所のアトラクションに入り、夕方にはクタクタになって帰路についたことを覚えています。
ましてや、並ぶことに慣れていない外国の方からすれば、苦痛の何ものでもないかもしれません。

がっかりの3位は皇居で、普段は中に入れないし見るものが二重橋の景観とお堀と白鳥くらいで皇居の外を数分散歩して終わりでわざわざ行くほどのことはないという意見でした。
これもその通りかもしれません。予算は必要になりますが、せめて江戸城の再建をしてくれればお城を見ることで外国人観光客の満足度は上がると思います。

4位は、札幌市時計台で西洋建築の時計台を西欧諸国の観光客が見ても魅力がないのは当然だろうという意見でした。

意外なのは、第5位が東京でした。
読んでみると、東京ががっかりということではなくて、東京=日本ということではありませんよ、多くの地方都市を訪れてみて始めて本当の日本を体験し理解することができるとしている内容なので正直東京人としてはほっとしました。

私は、外国人の方に日本や日本人あるいは日本文化を単に気に入ってもらえればうれしいと思っているわけではありません。
もちろん気に入っていただければそれはそれで嬉しいですが、一番大事なことは以前の記事にも書きましたが、日本の美徳である清潔さ、正直さ、勤勉、礼節、思いやり、つかず離れずのバランス感覚、和洋折衷の懐の深さ、古いものと新しいものの共存等、日本の文化を通じて世界の人々によい影響が与えられればよいと思っています。





日本のマイナー観光スポット [観光スポット]

テレビやネットで知ったのですが、外国人観光客が好む主要な日本の観光地ではなく、マイナーな観光スポットが結構あるとのことですね。

新宿のゴールデン街。木造長屋風の日本人が見てもレトロな感じのお店が連なっている。ここはたしか新宿西口の飲み屋街といった感じで記憶がありますが、私が若いころから日本人の「のんべえ」にはすでに有名だったところですね。
最近は富に外国の方に注目されて更に繁盛しているということです。活気があるということはよいことでありがたいことでもありますね。

成田山新勝寺。 歌舞伎の成田屋一門や、初詣や節句行事でも有名ですが、成田国際空港の近くでもあり長距離移動の途中で立ち寄れること、また私も仕事で成田や新勝寺参道の近辺には何回かいったことがありますが、周辺にはうまいうなぎ屋もあって昔の面影も残るところです。

JR姫路駅(新幹線ホーム)。ここは直線が続くところで時速300キロで通過する新幹線「のぞみ」の速さをホームから間近で見る・感じることができるということで、ユーチューバー等の方から情報がどんどん拡散していったようで、有名な姫路城の観光と抱き合わせ人気スポットになってきているようです。
ということは、日本の古く美しい代表的なお城と日本の代表的な先端技術の結晶の一つである新幹線の両方を見ることができるスポットと言えます。
姫路には、私の親戚がいますので、姫路城にもいったことがありますが本当に美しいお城です。

あとは京都にもメジャーな観光スポットの他にマイナーだが人気のスポットがいくつかあります。
京都錦市場の商店街。400m程度のアーケード風の細長い商店街で、歴史は古く400年前から魚を中心に栄えた京都の台所といわれる場所です。
魚だけではなく、お菓子・バームクーヘンや洋食・イタリアンのお店もあり、又最近外国人に人気が出てきた「居酒屋」、京風だし巻き卵専門店もあり、食べ歩きやお土産にも絶好の場所です。

京都二寧坂・産寧坂。難しい字ですが、清水寺の子安の塔に向かう坂が産寧坂で、それに連なる二寧坂ということで二寧坂・産寧坂という名前がついています。
3重の塔である子安の塔が見える風情のある石畳の急な坂、道の両側には瓦の民家が並ぶ古い日本を感じられる趣のある場所です。
運がよければ舞子さんと遭遇できるかもしれませんし、有料の舞子体験スタジオもあり、舞子ファンの外国人は喜ぶかもしれませんね。

他にもまだまた数多くの日本のマイナー観光スポットが存在しますので、少しづつでも紹介していきたいと思います。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
観光スポット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。