So-net無料ブログ作成

年を取ってもバタバタ人生 [銀座暮らし]

スポンサー ドリンク


<br/> 2015年4月に記事を書いてから、3年半になりました。
私のプライベートニュースなど何の意味もありませんが、自己満足で記事を書きました。
若い頃はいい加減で将来のことなどは気にもしていなかったが、50代の頃からは将来の生活への不安が頭の片隅に常にあるようになった。
特に60才を過ぎ晩年になってからは常に生涯生活費のことが頭を離れなくなり、その確保の為にバタバタ人生が続いている。
世間では40才が不惑の年と言われているが、私の場合は68才になって未だに惑いの真っただ中である。
夫婦共に健康の範疇で、妻は相変わらず家事をこなし、私も体を動かす仕事を日々こなせていることは感謝の一言だが、一生涯生活の不安を持って過ごすことになりそうだ。
「銀座のマンションに住む人間が何をいっているのか」と言われそうだが、青春時代を過ごし、妻と知り合った銀座は夫婦二人に共通の特別な町であり、終の棲家にしたいという思いは強い。
理想は、お金の心配はせずにその分やり残したドラム修行を心置きなくしたいというところだが、そんな虫のよい話はないだろう。
身体が動く間は、力尽くまでは、仕事もドラムも終生修行をする羽目になりそうだ。
しかし、ここが自分の出来の悪いところで、まだ悟れない。あきらめがつかない。
憧れの経済的な自由を掴むためにトレードの道をまだ捨てきれない自分がいる。
自分の音楽の才能は並みより少し良い程度かなと思い、分かっているつもりだったが、2年前のクリニックで一流ジャズメンの方たちに褒められたこともあり、ドラムの道もまだ捨てきれない自分がいる。
人生とは、「不安」「夢」「修行」「?」、自分の頭のハエを追うことで精いっぱいの自分。
「利他」の心境には程遠い。何ともさびしい限りだが、これが68才になった自分の実力であり現実。
唯一自信があることは未だに向上心だけは残っていること。
夢を追う気持ちは折れそうになっても直ぐに復活する。
これだけでとりあえずは今世はやっていけるかな。


スポンサー ドリンク

<br/>
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。