So-net無料ブログ作成

日本のジャズ [日本のジャズ]

スポンサー ドリンク


<br/> 先日にジャズアンサンブルクリニックに参加した日の打ち上げ会でのことでした。
ドラムの先生の隣の席を確保し、張り付き状態で色々話を聞かせて頂きましたが、その中で日本のジャズのレベルという話がでました。
その先生は、「日本のジャズはまだまだ」みたいな考えをもっていらっしゃるようでした。
私は40~50年前なら世界で通用する日本人のジャズ演奏家が数人だったかもしれないけれども、現在は数十人規模の方が通用するほどになったのではありませんかといったのですが、ジャズ音楽はアメリカ人の国技みたいなものであること、従って子供のころからジャズ音楽に接する環境であること、カウントの数え方一つとってもワン エン ド、ツー エン ド、スリー エン ドというように一拍を3つに分解して数えること、そのような国民なので、年配者の方であっても教会にいけばゴスペルのアップテンポの曲の2拍、4拍の裏拍子で自然と手拍子を取り、歌い、踊ることができる。アメリカの大統領経験者のある方も尊敬する人はコルトレーンであると言っているし、高校・大学レベルのブラスバンドでも日本のプロのフルバンドより上手なバンドはゴロゴロ存在する等、なるほど私の認識が甘かったと言わざるを得ない納得する話でした。

納得する一方で自分のモチベーションが下がるので、正直あまり聞きたくなかった話だなと思いましたが、最後に日本の国技である相撲は外国人であるモンゴル人が横綱という頂点に君臨し大活躍をしている現在ですよね、アメリカの国技といっていいジャズ音楽でも日本人の実力は8合目くらいまでは到達しているのではないですかと希望的な意味も込めて言ったところ、「8合目くらいまではいってるかもしれないかな」とおっしゃってくれました。

その先生も、日ごろはほとんど英語のドラマを見ているといっていましたので、日本を代表するジャズミュージシャンになっても、ひたすら英語環境に身をおいて努力していることを知り、感銘を受けました。
一流の方の話・考えはやはり深く・重いですね。 クリニックそのものも素晴らしい勉強の場でしたが、打ち上げ会も「宝の山」でした。感謝

スポンサー ドリンク

<br/>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました